NEWS

2021/05/26

「コメルツ銀行は、ブロックチェーンベースの支払いテストを成功裏に完了した」

The Block (2021年5月24日)

ドイツを拠点とするコメルツ銀行は、化学会社であるエボニックとBASFとともに、サプライチェーンのブロックチェーンプロジェクトを成功裏に完了した。

両社は共同で共有ブロックチェーンプラットフォームをテストし、ライブ環境で企業間のサプライチェーンプロセスを効率的に処理したという。

実験期間中、エボニックとBASFの間の支払いは、プログラムされた支払いプロセスによって完全に自動化されたデジタル方式でチェック、支払い、予約された。

「プログラム可能な資金は、サプライチェーンをさらにデジタル化する大きな可能性を秘めています。コメルツ銀行は、将来の資金調達のこのエキサイティングな分野での既存作業に基づいて、ブロックチェーンベースの決済ソリューションの使用することで再び大きな一歩を踏み出しました。」とコメルツ銀行のテクノロジーファンデーションを担当する部門取締役であるCarstenBittner氏(上の写真)は次のように述べている。

エボニックとBASFの相互サプライヤー関係は、プロジェクトの基盤を形成している。両社は長年にわたって活発な取引関係を維持しており、売掛金を定期的に決済している。パイロットプロジェクトでは、両社はデータサービスプロバイダーのエレミカ社と協力し、ビジネスプロセス関連のデータをコメルツ銀行のブロックチェーンプラットフォームに送信した。次に、プラットフォームは、関連するビジネスプロセスとデータの完全で改ざん防止の描写を生成した後ブロックチェーンを使用して支払いを自動化された。

このプロセスにて、電子マネー(e-money)は分散型元帳テクノロジープラットフォームでの取引のためにユーザーが利用できるようになった。

トランザクションがデジタル契約(スマートコントラクト)とプログラムブルマネーによって自動的に検証されると支払いが処理されるという。

「ブロックチェーンを介した、および既存のプロセスチェーンに沿ったプログラマブルマネーによる支払いプロセスは間違いなくより透明で、より速く、より信頼性があります。 これは、完全に自律的なサプライチェーンの開発に向けた重要な構成要素です。」とEvonik DigitalのシニアデジタルストラテジストであるHeinz-GünterLux氏は述べている。

BASFは複雑なバリューチェーンの参加者間でデータと情報を安全に交換するために、パイロットプロジェクトですでにブロックチェーンテクノロジーを使用している。ブロックチェーンテクノロジーにより、BASFは将来、顧客やサプライヤーとより効果的にコラボレーションできるようになる。パイロットプロジェクトの終了に伴い、参加パートナーは、この革新的な支払い方法の使用をさらに調査し、今後数か月以内に他のサプライチェーンビジネスパートナーを含むように拡張することに同意した。

■参照記事
https://blockchaintechnology-news.com/2021/05/commerzbank-completes-successful-blockchain-based-payment-test/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。