NEWS

2021/08/23

「メルボルン市は、通りを清潔で安全に保つためにノキアのAI技術を試している」

AINEWS (2021年8月12日)

メルボルン市はオーストラリアのビクトリア州にあり、面積は37平方キロメートル、人口は約183,756人である。市内での不法投棄は、衛生と安全の両方の問題を引き起こしている。

ノキアのScene Analytics AIテクノロジーを使用して、市は地域全体の廃棄物処理行動をより深く理解することを望んでいる。

「メルボルン市は、堅牢なAIテクノロジーを使用して、市民、訪問者、企業に、より環境に配慮したより住みやすい環境を提供しています。

メルボルン市がリアルタイムアクションでサービスを監視および強化するのを支援することで、Nokia Scene Analyticsはこの市の安全性、セキュリティ、および運用の継続性をプロアクティブかつ自動化された方法でサポートしています。」とキアのオーストラリアおよびニュージーランドの企業責任者であるRob Mccabe氏は述べている。

カメラの既存ネットワークは、廃棄物コンパクターを監視するためのIoTセンサーとして使用されている。 NokiaのAIは、カメラからのデータをフィルタリングおよび照合し、コンパクター自体からのデータを含む他のデータと組み合わせて、リアルタイムのアラートを作成し、レポートを作成するために使用されるという。

「これは、新しいテクノロジーを使用して、違法な廃棄物をより迅速に除去し、私たちの街をよりきれいにし、環境を保護するのに役立つ素晴らしい例です。

ノキアとのパートナーシップは、メルボルンをより安全で、よりスマートで、より持続可能な都市にするためのデータ収集のもう1つの方法です。

この革新的なプロジェクトは、廃棄物サービスが廃棄物の違法で危険な投棄に関連する行動傾向をよりよく理解できるようにすることで、危険を回避し、街をさらにきれいにするのに役立ちます。」とメルボルン市のSally Capp市長はコメントしている。

仮想の「トリップワイヤー」により、コンパクターのリアルタイム監視が可能になる。 物体の検出とカウントを使用して、コンパクターに配置されているアイテムとそれらがコンパクターに与える影響を判断する。 このデータは、中断時間を最小限に抑えるためにコンパクターのメンテナンスが必要になる時期を予測するために使用できるという。

試運転中、個人のプライバシーを保護するために、顔とナンバープレートがモザイクされていた。

■参照記事
https://artificialintelligence-news.com/2021/08/12/city-of-melbourne-trials-nokias-ai-tech-to-keep-streets-clean-and-safe/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。