NEWS

2021/10/29

「中国はAI「ユニコーンズ」の世界的なライバルに先んじている」

AI NEWS (2021年10月15日)

中国は、テクノロジーを前進させている革新的なAI「ユニコーンズ」に関して、世界のライバルに先んじている。

Global Dataの調査によると、特定された45の国際AIユニコーン企業のうち、中国が最大のシェアを占めており、19が中国内に拠点を置いているという。

「中国はAIのリーダーであり、Baidu、Hikvision、iFlytek、Tencent、Alibabaなどの多くの確立された企業があります。この国には強力なAIスタートアップエコシステムもあります。これは、多数のAIユニコーン(10億ドル以上の価値のある個人所有のスタートアップ)から明らかです。」とGlobal Dataのテーマ別調査のアナリストであるPriya Toppo氏はコメントしている。

まとめると、中国のAIユニコーンは435億ドルと評価されているという。

中国政府はここ数ヶ月、特に米国内および米国とビジネスを行っている中国企業に対して規制の取り締まりを行っている。

たとえば、Robotaxiの会社であるDidiは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に44億ドル上場した後、中国当局の標的にされた。中国の規制当局はアップル社にアップルストアからDidiを削除するよう強制し、中国で運営されている他のアプリストアもDidiのアプリを提供しないように命じられた。

ただし、こういった取り締まりにもかかわらず、中国でのAI開発は引き続き堅調である。

「中国のAI企業はいくつかの規制上の課題に直面していますが、さらに強力になってきています。これらの企業は、コンピュータービジョン、ディープラーニングテクノロジー、スマートシティ、自動運転車などの主要なテーマに適しています。」とToppo氏が加えた。

Sense Time社は中国最大のAIユニコーンであり、評価額は120億ドル、資金調達総額は26億ドルである。これに続いて、Cloud Walkは評価額の33億ドル、これまでの総資金は5億ドルであるという。

Cloud Walkは最近、アメリカ国立標準技術研究所が実施した顔認識テストを主導した。
しかし、Cloud Walkは、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒の少数民族のグループ、ウイグル人、カザフ人などに対して中国の抑圧キャンペーン、大量の恣意的拘禁、強制労働、ハイテク監視で犯された人権侵害や虐待に加担していると宣言した米国当局からの深刻な申し立てに直面している。

Global Dataの調査で特定されたその他の注目すべき中国のAIユニコーンには、評価額50億ドルのHorizon Robotics、評価額40億ドルのMegvii、評価額22億ドルのYitu Technologyがある。

「中国のAIエコシステムは、大手企業が公開され、調達された大量の新規資本を投資できるようになるにつれて、さらに強力になります。」とToppo氏が語っている。

AIにおける中国の優位性の高まりにより、一部の国際的な競合他社はペースを維持できなくなるのではないかと懸念している。

ペンタゴンの元チーフソフトウェアオフィサーであるNicolas Chaillan氏は、AIとサイバー戦争に関して、米国には15年から20年以内に中国との戦いのチャンスはないと主張した後に辞任した。

「中国は世界の未来を支配し、メディアの物語から地政学まですべてをコントルールするように準備しています。」とChaillan氏は述べている。

問題の一部は、テクノロジーに関する倫理的な議論のために、Googleなどの米国企業がAIに関して政府と協力することを躊躇していることである。 対照的に、中国企業は政府と協力する義務があり、倫理をほとんど考慮していないとChaillan氏は考えている。

■参照記事
https://artificialintelligence-news.com/2021/10/15/globaldata-china-is-ahead-of-global-rivals-for-ai-unicorns/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。