NEWS

2021/09/06

「英国の会社がEU向けのブロックチェーン機能を開発する」

The Block (2021年8月26日)

欧州連合はヨーロッパのブロックチェーンソリューションの設計と開発を支援するためにロンドンを拠点とするスタートアップiov42社を選定したという。

iov42社は、AIとブロックチェーンを利用して、金融取引と非金融取引を加速する。同社は、欧州委員会が配布した7つの契約のうちの1つを獲得するためにDeloitte、EY、Vodafoneなどのより確立された企業との競争を食い止めまた。EUはEUの政治的に独立した行政機関です。合計すると、取引は620万ユーロの価値があります。

ECの広報担当者によると、iov42プロジェクトの目的は既存のブロックチェーンソリューションが提供できるサービスを超えることと、ヨーロッパのブロックチェーンインフラストラクチャサービス(EBIS)を改善することである。

「EBSIに取り組むために欧州委員会によって選ばれたことを嬉しく思います。EBSIは、英国を拠点とする唯一の新興企業として選ばれたことで、私たちにとってさらに特別なものになりました。」とiov42のCEOであるDominic von Trotha Taylor氏は述べている。

計画では、EBISが欧州委員会と各加盟国が少なくとも1つのノードを実行する汎ヨーロッパブロックチェーンになる予定である。

ブロックチェーンテクノロジーは、国境を越えたサービスを強化するために使用される。 プロジェクトのフェーズ1は、製品などのデジタルパスポートと、検討対象のアイデアの知的財産権の製品の設計に焦点を当てる。

iov42のスポークスパーソンは、EUもプロジェクトを通じて通貨からデジタルIDまですべてを改善するためのテクノロジーの使用を模索するとCityAMに語った。

EUは2020年に2025年までにデジタルユーロを展開する計画を発表したが、これがブロックチェーン技術に基づくかどうかは明らかではない。

やがて、欧州委員会はブロックチェーンソリューションを探求するためにホライズンヨーロッパプログラムの下で12億ユーロを投資すると発表した。

■参照記事
https://blockchaintechnology-news.com/2021/08/british-firm-contracted-to-develop-blockchain-capabilities-for-eu/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。