NEWS

2021/08/02

「AR (拡張現実) は「最も破壊的な」新興技術としてAIを追い抜く」

AI NEWS (2021年7月28日)

GlobalDataからの新しいレポートによると、専門家は現在、ARがAIよりも業界を混乱させると信じている。

30種類のビジネスセクターにて2,341人の回答者の70%が、AI、サイバーセキュリティ、クラウドコンピューティング、IoT、ブロックチェーン、5Gの7つの新しいテクノロジーの中から、業界を最も混乱させるものとしてARを選択したという。

「人々がARを見る方法の変化は、一時的なブリップではなく、長期的なものになる可能性があります。明日大きな変化が生まれるとは思わなくても、人々がテクノロジーに向かって温まっていることは明らかです。」とGlobalDataのシニアアナリストであるFilipe Oliveira氏はコメントしている。

AIは、テクノロジーへの信頼に関して、ある程度の利益を取り戻している。ARのわずか26%と比較して、回答者の57%はAIがすべてのポテンシャルを果たすと信じている。

同じように、31%がAIについて「テクノロジーは誇大宣伝されていますが、その用途はわかります」と選んでいるが、50%はARについても同じことを報告している。

最新のモバイルデバイスにLiDARセンサーを追加するというAppleの決定は、ARの大量採用に向けた重要な一歩と見なされている。話題は仮想化された物理的現実を永続的な共有仮想空間に収束させる、いわゆる「メタバース」の周りでも高まっています。

中国の大手AI企業の1つであるSense Timeは、今週初めにBilibili Worldと提携してメタバースを作成したと発表した。このエクスペリエンスは、Sense TimeのAIと複合現実技術を活用して、プレイヤーが現実と仮想をシームレスに融合するロールプレイングゲームを楽しむことを可能にする。

FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグは最近、「私たちを主にソーシャルメディア企業と見なしている人々からメタバース企業に効果的に移行する」と述べた。 Oculusのオーナーとして、Facebookの将来に関するザッカーバーグの計画は、Ernest ClineのReady Player Oneの小説や2018年の映画版に描かれているものと同様の大きな仮想空間を人々に思い起こさせるだろう。

一部の人々は、Facebookのような大規模な集中型企業がそのような潜在的にユビキタスな世界と彼らが消費しているコンテンツの管理に懸念を表明している。多くの人が、オープンソースの分散型バージョンが不可欠であると信じている。
ザッカーバーグは、メタバースを運営する企業はなく、多くの異なるプレーヤーによって運営される「具体化されたインターネット」になると主張している。

Decentralandは、真に分散化された仮想空間がどのように見えるかを示す初期の例である。このプラットフォームは、DAO(自律分散型組織)を利用して、許可されるコンテンツなどのポリシー決定を行うだけでなく、NFT(非代替性トークン)トレンドを利用して、独占的なインワールドアイテムを提供している。

ARとAIはどちらも重要な新興テクノロジーであり、しばしば連携することができるが、後者が今後数年間で業界に最大の影響を与えるという専門家の間での見方を失っていることは明らかである。

■参照記事
https://artificialintelligence-news.com/2021/07/28/ar-overtakes-ai-as-most-disruptive-emerging-technology/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。