NEWS

2021/12/20

「Bitcoinは、PayPalよりも四半期あたりのトランザクションで1,870億ドル分多く処理している」 

The Block (2021年12月1日)

ブロックチェーン分析会社であるBlockdataによると、Bitcoin(BTC)ネットワークは現在、決済プラットフォームのPayPalよりもより多くのトランザクション量を処理しているという。

Blockdataによれば、平均トランザクション量を見ると、Bitcoinネットワークは今年の四半期あたりPayPalを1,870億ドル上回り、PayPalより12年後発である決済システムが追い抜いたことは印象的である。

「Bitcoinネットワークは、2021年に四半期あたり推計で平均4,890億ドル、PayPalは同期間平均3,020億ドルを処理した。」とBlockdataは報告した。ただし、世界最大の暗号通貨であっても決済大手のMastercardやVisaなどとの比較ではまだ控えめである。

Mastercardネットワークは四半期あたり1.8兆ドル、つまりBitcoinより260%多くの取引を処理し、Visaネットワークは四半期あたり平均3.2兆ドル、Bitcoinより540%多く処理したという。

クレジットカードコングロマリットと比較してBitcoinの比較的小さい姿にもかかわらず、BlockdataはMastercardと比較したBitcoinネットワークの成長が強く印象に残っている。

また、12年前にできた分散型ネットワークとしてのBitcoinが、1966年に設立されたMastercardと比較して、処理量の面で27%を占めていることは、これが分散型の動きであることを考慮に入れると印象的である。

年間平均Bitcoin価格の成長を見ると、Bitcoinは40年以内に取引量の面でMastercardを超える可能性を持っている。

成長指標としてビットコインの年間平均価格を考えると、今のまま2060年まで継続すると、現実になる可能性があります。しかしながら、トランザクションあたりの平均BTCが減少するという負の相関係を考慮すると、この時間軸は大幅に長期化し得る。

ただし、より楽観的な分析は、Bitcoinの2021年の価格上昇を基に、暗号通貨での取引量が2026年にMastercardの取引量に達する可能性があると主張している。

■参照記事
https://blockchaintechnology-news.com/2021/12/bitcoin-processes-187bn-more-in-transactions-per-quarter-than-paypal/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。