NEWS

2021/04/28

雇用法のギャップにより、労働者は「アルゴリズムによって雇用と解雇される」

雇用法のギャップにより、労働者は「アルゴリズムによって雇用と解雇される」 AINEWS(2021年3月25日)

法律専門家と労働組合会議は、雇用法のギャップが「アルゴリズムによって労働者の雇用や解雇」につながると警告している。

TUCが委託に基づいて、AI法コンサルタントの主要な雇用権弁護士であるRobin AllenQCとDeeMastersが実施したレポートによると、英国の法律には「大きなギャップ」があるとのことが分かった。

「TUCは、労働者と企業の両方がAIのメリットを享受できるようにするために、緊急の法改正を求める必要があります」と弁護士は述べている。「雇用法のギャップは、労働者が差別されたり酷使されたりするのを防ぐために、迅速に埋めなければなりません。」と語っている。

報告書は、雇用法が職場でのAIの急速な採用に追いついておらず、労働者が「非人間的な」形態のAIパフォーマンス管理に挑戦する力がなくなると警告している。

「すでに重要な決定は機械によって行われています。」また「責任、透明性、正確性は、私たちが提案する慎重に作成された法改正を通じて、法制度によって保証される必要があります。」と弁護士は説明している。

4つの法改正がTUCによって提案されている。
1.職場での「高リスク」で侵入型AIの使用について労働組合に相談するという雇用主の法的義務。 2.AIシステムによって行われた決定事項などを人間がレビューし、不公正で差別的な決定に異議を申し立てることができるようにする法的権利をすべての労働者に与えること。 3.差別的なアルゴリズムを防ぐためのUK General Data Protection Regulation (UK GDPR、英国一般データ保護規則) および平等法の改正。 4.労働者が自分たちの生活の中で「コミュニケーションフリー」時間を作ることができるように、仕事から「スイッチオフ」の法的権利。

パンデミックにより、自動化の採用が加速し、スタッフを余剰されたり賜暇にしたりすることで失われた生産性を補うことができた。TUCは、AIテクノロジーが現在、労働者の生活について「リスクが高く、人生を変える」決定を下し、これは今後数年間で増加する可能性があると指摘している。

TUCの書記長であるFrances O’Gradyは次のようにコメントしている。

「これは道路の分岐点です。職場でのAIは、生産性と労働生活を改善するために使用できますが、雇用や解雇など、職場の人々について人生を変える決定を下すためにすでに使用されています。

公正な規定や法律がなければ、特に不安定な仕事やギグ・エコノミーの人々にとって職場でのAIの使用は特に不安定な仕事やギグ・エコノミーの人々にとって広範な差別や不公正な扱いにつながる可能性があリます。

すべての労働者は、人間のマネージャーによってAIの決定をレビューする権利を持っている必要があります。職場のAIは罰する目標を設定や労働者の尊厳を奪うためのものではなく、利益にために活用しななければなりません。」

TUCは、テクノロジー企業、雇用主、政府に対し、提案されている改革を支援するよう呼びかけている。

■参照記事
https://artificialintelligence-news.com/2021/03/25/tuc-employment-law-gaps-lead-staff-hired-fired-algorithm/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。