NEWS

2021/04/07

NFTの話は突然どこにでも出てきているが、いくつかの大きな問題点も浮き彫りになった

CNNビジネス

数週間の間、インターネット上に上炎しているNFTの言葉を耳にしていない人がほぼいないだろう。N F Tは(non-fungible token)非代替トークンの略で、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨を支えるデジタルデータベースであるブロックチェーンにリンクされたデジタルコンテンツ(アート、オーディオ、ビデオなど)である。

NFTはデジタル芸術作品やその他の収集品をブロックチェーンで取引できる独自の検証可能な資産に変換するデジタル台帳上のデータの単位である。しかし、人気が爆発的に高まるにつれて、他の新しいテクノロジーと同様に、問題点が浮き彫りになった。各批評家によるとNFTには非常に問題があり、いずれ破裂するバブルとして指摘しているという。

「諸刃の剣」

NFTは仮想世界にのみ存在する多くのオブジェクトに値を割り当てることで、以前できなかったデジタル作品を認証するために、多くのデジタルアーティストにとって膨大な恩恵をもたらしてきた。例を挙げると、デジタルアーティストのビープル氏は、自分のNFTを6,900万ドル以上で販売したという。
しかし、デジタル写真や絵画を作成していなくても、トークンを付与することで誰でも自分のものとして主張できることがNFTの主な問題である。また、ブロックチェーン上のすべてのトランザクションは改善不可能なデジタル台帳に公に記録されるが、トランザクションなどに本名やIDを付ける必要はないため、作品が盗まれたり侵害されたりした場合に法律などに頼ることがはるかに困難になる。更に、多くのユーザーが匿名であるため、実際に権利を行使できるようにすることは非常に難しいことである。
NFTの作成の一環として所有権の信憑性を検証する確実な方法を持つことは、非常に重要な課題であるという。ブロックチェーンが本質的に分散化されているため、誰でもほとんど監視することなく、NFTまたは暗号通貨を作成することができる。
ただし、盗難などにあった場合、それをチェックしてくれる中央集権や主体がない上に、ブロックチェーン関連の紛争に現実世界の法律がどう適用されるかを理解することも非常に複雑である。

「他のオンライン上のものと同じく、ハッキング可能」

次の問題点はNFT自体が盗まれるということである。今月初旬にツイッターの何人かのユーザーが、プラットフォームNifty Gatewayのアカウントがハッキングされ、数千ドル相当のNFTが盗まれたと報告した。ブロックチェーン台帳の改善不可能な性質とそれを管理する一元化された権限の欠如のために、事実上盗難されたものであっても、すべてのトランザクションは永続的である。

「地球に悪い?」

暗号通貨のマイニングと取引は大量の電力を消費し、多くのアーティストがNFTの生態学的コストについて警鐘を鳴らし始めている。ある概算によると、イーサリアム(ほとんどのNFTが構築および取引されている暗号通貨システム)は現在、アイルランド全体と同じくらいの電力を消費しているが、NFTの環境への影響の明確に把握するのが難しい。しかし、NFTの擁護者たちは、大量の電力使用は一時的なものであり、新しいテクノロジーに対する初期の困難だと述べている。イーサリアムはエネルギー消費を劇的に削減する新しいシステムに移行することになっている。いくつかの小規模なNFTマーケットプレイスでもすでに同様のモデルが使用開始されているという。

■引用元の参照リンク
https://edition.cnn.com/2021/03/30/tech/nft-hacking-theft-environment-concerns/index.html

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。