NEWS

2021/04/16

Crypto Climate Accordが発表され、2030年までに100%再生可能なエネルギーをブロックチェーンにコミット

Blockchain Technology News(2021年4月14日)

Energy Web、RMI(ロッキーマウンテン研究所)、およびAlliance for Innovative Regulation(AIR)は、暗号通貨業界を2030年までに脱炭素化し、100%再生可能エネルギーにすることを約束するイニシアチブであるCrypto Climat Accord(暗号資産気候協定)を発表した。

この協定は、Consensys, Ripple、EDF、XRP Ledgerなどの主要な組織によってすでにサポートされ、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の支援を受けている。

昨年のEnergyWebの推定によると、上位5つの公共ブロックチェーンはニューヨーク州全体よりも大きい年間最大170テラワット時の電力を使用しているという。

問題解決がなければ、この数字はクリプトの採用が増えるにつれ、増加するだけである。先月、ゴールドマンサックスモルガンスタンレーは両方ともビットコインをウェルスマネジメントサービスに組み込むことを発表した上、PayPalは暗号通貨での支払いを受け入れ始めた。

この協定は、業界の脱炭素化に向けた3つの主要な目的を定めている。
1.2030年までにすべてのブロックチェーンを100%再生可能エネルギー源で駆動できるようにすること
2.暗号通貨での排出量を考慮したオープンソース標準を策定すること
3.2040年までに暗号資産業界全体で実質ゼロの排出量を達成すること

「ブロックチェーンを脱炭素化するために必要な技術的ソリューションを持っています。ただ業界がまだ持っていないのは、必要で、協調した取り組みです」と、EnergyWebのCEOであるWalte Kokは述べている。

「この協定は、私たちの目標を達成するために必要な適切なツールと公共の構造を結び付けています。プロジェクトに賛同するグローバルなサポーターからの認識が、再生可能エネルギーの未来を形作ることに参加するように他の人々を刺激することを願っています」とWalte Kok氏が付け加えた。

「この協定は、私たちの目標を達成するために必要な適切なツールと公共の構造を結び付けています。プロジェクトに賛同するグローバルなサポーターからの認識が、再生可能エネルギーの未来を形作ることに参加するように他の人々を刺激することを願っています」とWalte Kok氏が付け加えた。

Energy Webは、すでにそのようなソリューションの開発を開始している。Energy Web Zeroは、オープンソースのEnergy Webスタック上に構築された公開の低コストアプリケーションであり、再生可能エネルギーの購入者がさまざまな再生可能エネルギー製品を購入することで二酸化炭素排出量をゼロにするのに役立つという。

■参照記事
https://blockchaintechnology-news.com/2021/04/crypto-climate-accord-unveiled-committed-to-100-renewable-blockchains-by-2030/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。