NEWS

2021/06/10

「RazerとClearBot社はAIとロボティクスを使用して海をきれいにしている」

AI News (2021年6月8日)

Razer社は、海洋廃棄物洗浄のスタートアップClearBo社と提携し、海洋汚染を減らすために AI とロボティクスの使用を推進している。

両社は、世界海洋デーを祝して発表したパートナーシップが、環境と持続可能性に焦点を当てたスタートアップをサポートするためにグリーン投資を行うRazerの10年間の #GoGreenWithRazerというキャンペーンの一部でもある。

Razerの首席補佐官であるPatricia Liuは次のように述べている。

「環境保護に焦点を当てたスタートアップ企業と協力する機会を得て、私たちは非常に嬉しく思います。ClearBotの独自のAIと高度な機械学習テクノロジーは、世界中の政府や組織がサステナビリティへの取り組みを拡大することを可能にし、力を与えます。将来の世代にとって世界をより安全な場所にするために努力する中で、他の革新的なスタートアップ企業がRazerに協力の機会を求めるよう呼びかけます。」

毎年、約800万トンのプラスチックが海に投棄されているという。全体的に見て、これは約176億ポンドの価値、つまり57,000頭のシロナガスクジラに相当する数字である。これらのプラスチックは、波の作用や太陽への露出によって細かく砕けるため、海をさらに汚染する化学物質を放出するだけでなく、これらのマイクロプラスチックも食物連鎖に影響を与えている。

低酸素のデッドゾーン、つまり動物が窒息して死ぬほど酸素濃度が低い場所が増えている。2004年、科学者は146の低酸素ゾーンを発見したという。2008年までに、その数は405に膨れ上がった。2017年にメキシコ湾にニュージャージー州と同じ大きさのデッドゾーンを発見された。

ClearBotのチームは、AIのコンピュータービジョンを活用して海洋廃棄物を特定し、廃棄または回収するロボットを設計している。

ClearBotの最高経営責任者であるSidhant Guptaは次のようにコメントしている。

「海洋廃棄物問題を解決するためのRazerチームの行動アプローチは、非常に目を見張るものであります。このプロジェクトのために時間を割いてくれたチームに感謝します。新しいモデルにより、私たちは、すでに関心を示しているアジアの海洋港湾管理者や NGO を含むパートナーと協力し、海を保護するために世界的な範囲を拡大することに自信を持っています。Razerとともに、世界にポジティブな変化をもたらすことを楽しみにしています。」

ClearBot はコミュニティに外洋でよく見られる海洋プラスチック廃棄物の写真をWebサイトにアップロードするよう呼びかけている。こういった写真は、ロボットの廃棄物検出AIアルゴリズムの改善に使用されるという。

■参照記事
https://artificialintelligence-news.com/2021/06/08/razer-clearbot-using-ai-robotics-clean-oceans/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。