NEWS

2021/04/12

ブロックチェーンが中国とヨーロッパの鉄道貿易に力を与える

Xinhua Headlines(2021年4月11日)

ブロックチェーン技術は中国とヨーロッパの鉄道路線を通じた貿易を促進するために使用され、物流コストの削減に大きく貢献し、パンデミックの中で世界貿易を安定させるライフラインとして機能しているという。

4月1日、中国南西部の四川省にある中欧貨物列車の主要港である(Chengdu International Railway Port)成都国際鉄道港で、ブロックチェーンを動力源とするプラットフォームであるSino-Europe Trade Link 2.0(中欧貿易リンク2.0)の新バージョンが中国工商銀行によって運用開始された。

企業が銀行から直接資金を調達できるようにする更新されたプラットフォームは、コストを削減し、関連する外国貿易会社のキャッシュフローを加速するという。

2013年に中国が提案した一帯一路イニシアチブに乗って、中国とヨーロッパの貨物列車サービスは、60箇所を超える国内都市と主要なヨーロッパ諸国を結んだ。

ロジスティクス会社Shenzhen Neptune Logistics Co., Ltdの成都支店のゼネラルマネージャーであるWang Haiyangは、2007年に同社の運送状を表示した。その上に、20個以上のスタンプとさまざまな言語の手書きのメモが寄せ集められた。

Wang氏は、貨物(4トンのガラス)が中国東部の山東省の主要な港湾都市である青島からラトビアの首都であるリガに36日間にわたってどのように輸送されたかを思い出した。

「当時の物流企業は、出発前に駅に行って運送状を受け取り、税関に持って行き、検査をまち、封印してもらう必要がありました。その後、運送状は運転手が保管し、各国でチェックされていました。そのため、運送状にスタンプや署名がたくさんあります。」と語った。「到着後も、すべての通関手続きを経て配達を受け入れるまでにさらに3日かかりました。」とWang氏は述べている。「現在、中国とヨーロッパの列車は約3分の1の時間しかかかりません。」

こういった難題解決に関しては、中国がサービスを後押しするために行った各種革新によって可能になった。目立った改善は、複合一貫輸送文書(intermodal transport document)であった。

伝統的に、鉄道による商品の配送には複数の関係者が関与し、運送状の基準は国間で統一されていない。そのため、運送には複数の運送状が必要になる可能性があり、それらのいずれも商品の受け取りに使用できず、配達に相当な時間と費用がかかる。

ただし、複合一貫輸送文書は、これらの途中手続きを簡素化し、すべての運送状を置き換えられる上に、企業が銀行から資金を調達するための証明書としても機能する。2017年に導入されたこの文書は、外国貿易企業に大きな利便性を提供し、広く受け入れられているという。

このような新しい措置に後押しされて、中国とヨーロッパの貨物列車サービスは近年急成長を遂げている。統計によると、貨物列車が200回の運行に3年3か月かかりましたが、800回から1,000回に増加するのに2か月しかかからなかったという。

昨年、貨物列車は12,400回の航海を行い、20フィート(TEU)相当の貨物を114万回輸送し、それぞれ前年比で50%と56%増加した。

複合一貫輸送文書はまた、国境を越えた貿易におけるブロックチェーンの適用の基礎を築いた。

ブロックチェーンは特定のタイプのデータベースであり、すべてのクライアントがデータを共有でるが、交換を調整または消去することはできない技術である。そのため、安全性、透明性が高く評価され、貿易の促進に有望な用途をもたらす。

ICBCの四川支店のスタッフは、「改ざん防止の性質やタイムスタンプなどのブロックチェーンのメリットを活用して、信頼できる貿易データを形成します。これにより、中小規模の外国貿易企業の資金調達能力を大幅に向上させることができます」と述べている。

「2007年と比較して、ブロックチェーン、モノのインターネット、ビッグデータのサポートがあるため、ロジスティクスを追跡し、貨物の損傷のリスクを大幅に下げることができます。したがって、銀行と顧客の保も強化されます」とChengdu International Inland Port Operation Co.、LtdのChen Ran氏は述べておる。

プラットフォームに記録されるデータが増えると、外国貿易会社がより多くの利益を得るために使用することもできる。

「以前は、銀行は私たちの資産に最も関心を持っていましたが、今では私たちのビジネスフロー、資本フロー、ロジスティクスにもっと関心を引いています。」とSichuan Haotong Supply Chain Management Co., Ltd.のゼネラルマネージャーであるXiao Lin氏は述べている。

シャオ氏によると、複合一貫輸送文書は、同社が健全な資本の流れを維持するのに役立ち、年間輸入台数はわずか2台から200台近くに増加した。

China Railway Chengdu Group Co., Ltd.のWei Bo氏は、「国境を越えた貿易に加えて、国内法に従って国内ロジスティクスにおける複合一貫輸送文書の適用を検討することもできるため、広く適用できるマルチモーダル輸送スキームを起草することができます」と述べている。

■参照記事
http://www.xinhuanet.com/english/2021-04/11/c_139873079.htm
http://blockchainassetreview.com/blockchain-powers-china-europe-rail-trade/

本内容に関するお問い合わせ先

レヴィアス株式会社
管理部:担当 キシュ・ゲルゲイ
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL: 03-6402-3330
E-mail:press@levias.co.jp

CONTACT US

LEVIASにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
開発に関するご相談申し込みはフォームより承ります。